ソーシャルネットワークで仮想通貨トレード!Blockport Tokenとは?

仮想通貨市場は複雑で、初めての人が実際やってみようと思っても始めるにはなかなかハードルが高いですよね。 システムがわかりにくかったり、事前の知識が必要だったりいろいろ原因はあると思います。 そんな状況を解決してくれそうなのが、Blockport社が提供するプラットフォームです。 初めての方でも安全に仮想通貨が取引できるようなハイブリッドな分散型アーキテクチャとソーシャルトレーディングを組み合わせた新しい仮想通貨取引所を提供しています。

仮想通貨でよく聞くスキャム(SCAM)ってなに?

最近よく聞くスキャム(SCAM)って? 最近、仮想通貨でよく聞くスキャム(SCAM)って言葉をご存知でしょうか。 たまに言葉は出てくるけど、いったいどんな意味なのでしょうか。 スキャム(SCAM)の意味とパターンについて スキャムとは、「詐欺」のことです。 仮想通貨の世界でよく使われる例では、[su_highlight]ICO案件で新規上場する際に詐欺目的で行われるケース[/su_highlight]があり、そういったケースには気をつけた方が良いですね。 ICOで事業を起こして、そのあとお金を持ち逃げするパターンです。


KuCoin(クーコイン)アプリが最新化!日本語が分かりやすくなりました!

KuCoin(クーコイン)のiOS用アプリが最新化されました 今回は日本語表記が丁寧になりました。 KuCoinは先月よりCommunityを発足していて、その中で各国向けの言語のローカライズを行っています。 こちらのサイトでも日本メンバーとして参画し、日本語化を行いました。 対象はWebサイト、iOSアプリ、Androidアプリです。 これまではKuCoinのWebサイト、アプリともに意味不明な日本語が多かったのですが、今回のアップデートでは翻訳した言葉が約1000語(単語・文章)あるため、大幅に読みやすくなったと思います。


3Dコンテンツ取引のための分散的なAR/VRエコシステムCappasity(CAPP)とは?

CAPPってそもそも何のこと? CAPPとは、Cappasity utility token(キャパシティーユーティリティートークン)の略です。 これだけでは、よくわからないので具体的なコンセプトを見てみましよう。 AR(拡張現実)及びVR(バーチャルリアリティ)による革命は、コンテンツクリエイターによって動かされると私たちは信じています。 そういう理由で、ブロックチェーンを活用して3Dコンテンツを創り出し、貸し、売る、その最たるプラットフォームを紹介しています。

NEOホルダー必見?!クリプト量的投資プラットフォーム?「Alphacat」とは

「Alphacat」は、ロボットによる仮想通貨投資プラットフォームです。 NEOのブロックチェーンを利用したアプリケーションとなっていて、AIとビッグデータをもとに動作します。 Alphacatは次の4つを組み込んだ仮想通貨投資のプラットフォームです。 ・世界初の仮想通貨量的投資プラットフォーム ・ロボットによるマーケット予想 ・NEOブロックチェーンに埋め込まれている ・AIとビッグデータによって動作


世界で最初のスペンド・マネジメントへ「aXpire(AXP)」の威力

aXpireは、企業のオペレーション(運営)のマネジメントを補助するためのシステムです。 スペンド・マネジメントとは、利用した費用を管理するという意味ということです。 しかし、それならば会計をすることと全く同じ意味になってしまいますよね? 何が世界初なのでしょうか?少し詳しく見てみましょう。