仮想通貨一覧

3Dコンテンツ取引のための分散的なAR/VRエコシステムCappasity(CAPP)とは?

CAPPってそもそも何のこと? CAPPとは、Cappasity utility token(キャパシティーユーティリティートークン)の略です。 これだけでは、よくわからないので具体的なコンセプトを見てみましよう。 AR(拡張現実)及びVR(バーチャルリアリティ)による革命は、コンテンツクリエイターによって動かされると私たちは信じています。 そういう理由で、ブロックチェーンを活用して3Dコンテンツを創り出し、貸し、売る、その最たるプラットフォームを紹介しています。


NEOホルダー必見?!クリプト量的投資プラットフォーム?「Alphacat」とは

「Alphacat」は、ロボットによる仮想通貨投資プラットフォームです。 NEOのブロックチェーンを利用したアプリケーションとなっていて、AIとビッグデータをもとに動作します。 Alphacatは次の4つを組み込んだ仮想通貨投資のプラットフォームです。 ・世界初の仮想通貨量的投資プラットフォーム ・ロボットによるマーケット予想 ・NEOブロックチェーンに埋め込まれている ・AIとビッグデータによって動作

世界で最初のスペンド・マネジメントへ「aXpire(AXP)」の威力

aXpireは、企業のオペレーション(運営)のマネジメントを補助するためのシステムです。 スペンド・マネジメントとは、利用した費用を管理するという意味ということです。 しかし、それならば会計をすることと全く同じ意味になってしまいますよね? 何が世界初なのでしょうか?少し詳しく見てみましょう。


知的財産マイニング・プラットフォームとは?「Loci」プロジェクトについて

Lociは、知的財産マイニング・プラットフォームだとして公式サイトにて公言しています。 果たして、知的財産権をマイニングするとは一体どういうことなのでしょうか? 知的財産に関わる問題と絡めて見てみましょう。 Lociは、現在の知的財産の承認プロセスよりも素早く、そして低コストで発明者の権利を保証することができます。

これからの成長分野IoTをターゲットにしたIoT Chain(ITC)の特徴!

IoT Chain(ITC)について IoT Chainとは、韓国発のハイセキュリティなIoT OSです。 IoTネットワークで侵入不可能なセキュリティを実装する ただしい所有者に対してデータを制御する 比類のない安定性とデータ転送速度を提供する ユーザーデータによってAIの開発を促進する 様々なプラットフォームでIoTは利用されています。 画像にもあるように、船、スマホ、家電、車、工場、、、とたくさんありますね。 IoTの技術は発展して便利になったけれど、セキュリティの面はまだまだ追いついていないのが実状です。 それを、IoT Chainは解決するというビジョンなわけですね。


ポスト仮想通貨-セキュリティトークンPOLYMATHってなに?

Polymathとは? シリコンバレーやウォール街出身のCEOトレヴァーコベルコが立ち上げたトークンPolymathは、株や債券などの様々な有価証券をトークンにしようというものです。 Polymathのコンセプトは? 議決権をスムーズに行使でき 配当の流れを自動化し 顧客確認システムをトークン自体にもりこむこと