3Dコンテンツ取引のための分散的なAR/VRエコシステムCappasity(CAPP)とは?

シェアする

CAPPってそもそも何のこと?

CAPPとは、Cappasity utility token(キャパシティーユーティリティートークン)の略です。

これだけでは、よくわからないので具体的なコンセプトを見てみましよう。

AR(拡張現実)及びVR(バーチャルリアリティ)による革命は、コンテンツクリエイターによって動かされると私たちは信じています。

そういう理由で、ブロックチェーンを活用して3Dコンテンツを創り出し、貸し、売る、その最たるプラットフォームを紹介しています。

このアプローチは、AR/VRエコシステム内の分散的で当てにならないコピーライト保管とコンテンツのやりとりを確かなものにします。

CAPPは、世界中からのエコシステム参加者らの間のAR/VR/3Dコンテンツのやりとりを容易にするデジタル決済の乗り物として生まれました。

つまり、CAPPは3Dのデジタル資産を創ったり、買ったり、売ったりする上でのプラットフォームであるようです。

CAPPのAR/VRエコシステム構想とは?

また、CAPPでのエコシステム内でどのようにAR/VRコンテンツがやりとりされるかがポイントになってきます。

CAPPのエコシステムは、AR/VRや3Dコンテンツを売買したい参加者を取り囲みます。

そのエコシステムは、マーケット、ブロックチェーン、保管インフラストラクチャー、といった支えとなる要素から構成されています。

サンドボックスエリアはAR/VR/3Dコンテンツが実践上にてテストする環境として使用されます。

AR/VRのディベロッパーや積極的なコミュニティーへの貢献者らは、熱心なCAPPファンドを通して支援されることになります。

つまりAR/VRの環境を支援することがポイントなのですね。

CAPPエコシステムにおけるブロックチェーンの利点とは?

つぎに、CAPPエコシステム内でのブロックチェーンの利点についての説明です。

分散的で信頼性のないコピーライト保管

すべてのコンテンツとそのやりとりの詳細は変わりなくブロックチェーンへと保管され、その様子はビットトレントのようなシステムに似ています。

それぞれのコンテンツファイルは、コピーライト違反から守るためにIDかハッシュが割り当てられます。

すべてのファイルのすべてのハッシュはブロックチェーン内にリスト化され、変わることはありません。

一度コンテンツの取引が行われると、スマートコントラクトプロトコルによってすべての詳細が処理されることになり、さかのぼって保存されることはありません。

例えば、そのシステムは自身のものであると主張することで犯罪者に誰かのファイルを売買したり、貸出期間が過ぎたものを無料で貸すしたりさせることはしません。

そのため、コンテンツをやりとりする際、買い手と売り手は彼らのコピーライトは完全に保護されていることを保証されます。

ほとんど無料、インスタントで透明なグローバルフィナンシャル取引
はじめに、ブロックチェーンのおかげで、マーケットプレイスを通して3Dコンテンツが売られる際、売り手の価格で売らます。

そしてそのエコシステムの参加者はほぼ手数料なしで請求されます。

次に、ブロックチェーンテクノロジーは世界中でのインスタントで透明なフィナンシャル取引を可能にしています。

そのコンテンツオーナーは、失敗なしかつ一瞬にして取引ごとに支払いを受けます。

全体的に、ブロックチェーンによって私たちは、3Dコンテンツ制作や大量流通のための安全で便利な環境を作ることができるのです。

ハイクオリティーでアクセスできるコンテンツは、AR/VRテクノロジーの発展を支える原動力となるため、私たちはブロックチェーンに基づいたAR/VRエコシステムは、AR/VR業界の成長をさらなるレベルへと運ぶと信じています。

AR/VRのプロダクト取引も支援することができるのですね。

まだプラットフォームがあまり整っていない分野ですから、大きな効果を生みそうですね。

AR/VRはマーケットを800億ドルの額までもっていく?!

ARはEコマースやMコマースの主要な要素へとなる完全な可能性を持っています。

それにも関わらず、AR/VRの混乱に準備ができている他の多くの分野があります。

ゴールドマンサックスによると、2025年までにAR/VR ソフトウェアマーケット350億ドルまで達し、そこにはコンシューマーによるAR/VRソフトウェアの収益60%を含むと予想されています。

ここからは、いかにAR/VR業界が将来性があるかがわかりますね。

さらに、各種メディアにも多数取り上げられています。

まとめ

CAPPの特徴を説明してきました。

 3Dのデジタル資産を創ったり、買ったり、売ったりする上で、 グレーになりがちなコピーライトや決済の問題を、簡単にクリアにするのがCAPP。 

そして、それを可能にするのがCAPPエコシステム内のブロックチェーンの存在。

AR/VR市場は、消費者も含むコンテンツクリエイターたちによってますます成長していく分野であるため、さらに成長に期待ができます!

Cappasity(CAPP)を買ってみたい方はまずはKuCoinへ登録してみましょう。

仮想通貨取引所KuCoinへ新規登録してみよう


Cappasity(CAPP)価格:coinmarketcapより

公式サイト:https://cappasity.com/
Twitter:https://twitter.com/cappasity