NEOホルダー必見?!クリプト量的投資プラットフォーム?「Alphacat」とは

シェアする

「Alphacat」は、ロボットによる仮想通貨投資プラットフォームです。

NEOのブロックチェーンを利用したアプリケーションとなっていて、AIとビッグデータをもとに動作します。

Aphacat(ACAT)とは

Alphacatは次の4つを組み込んだ仮想通貨投資のプラットフォームです。

・世界初の仮想通貨量的投資プラットフォーム
・ロボットによるマーケット予想
・NEOブロックチェーンに埋め込まれている
・AIとビッグデータによって動作

Alphacat(ACAT)の特徴

公式サイトによると、「Alphacat」には3つのサービス対象があります。

ですが、少し表記が雑ですね。

一般投資家はトークンを購入するのみということなのでしょうか。

・プロの投資家
アルゴリズムによって生成された分析を利用することがAlphacatによって可能になります。

・ファイナンシャルエキスパート・プログラマー
不確かなファイナンシャル・インプットより、金融分析のための理論を作成していきます。それと平行して、プログラマーがその金融理論を実際に実行するためのアルゴリズムを組んでいきます。

・一般投資家
Alphacatのトークントレードへ参加してきます。

公式サイトでの情報ではあまり「Alphacat」のビジョンが見えてはきませんでした。

おそらく、投資の予測をすることでこういった3つのサービス対象の人々へインセンティブを与えるのだと予想されます。

「Aplhacat」(ACAT)のパートナー

NEOブロックチェーンは、中国が一丸となっているプロジェクトになりつつあります。

そのため、NEOブロックチェーン上に埋め込まれること自体が多くの支援を受けることができる体制を意味しています。

「Alphacat」(ACAT)は、どのようなファイナンシャル・プラットフォームとして動作していくのかが少し不明瞭でした。

しかし、NEOを含む多くの中国からのパートナー企業を持っています。

中国からの協力的な仮想通貨バックアップ体制はACATの大きな強みとなりそうですね。

「Alphacat」(ACAT)今後の予定

こちらがACATの今後の予定となっています。しかしながら、具体的な日時が欠けていて、少しどういった開発状況となっていくのかがわかりませんね。少し見てきましょう。

・Phase1
AlphacatはR&Dツールとしてまずは市場へローンチされます。Proof of Conceptを利用するのみならず、メインとなるアルゴリズムを探していきます。2年程度の時間をおいて、ファイナンス、不動産、E-Commerce、輸出といった分野での普及を目指します。

・Phase2
世界中のトップ研究家をAlphacatへと引き込もうと考えています。そして、プロジェクトモデリングという段階において、分野横断的なブレイクスルーをもたらします。ACATトークンが成功したプロジェクトへと配布されます。

・Phase3
Alphacatの世界での普及を目指していく段階です。アルゴリズムとすべての段階における投資家とによって、もっとも初期段階のプロフェッショナルにすら、プロジェクションアルゴリズムの開発を可能にするようです。

この開発状況では、Phase2での世界でのトップ研究家を探す段階ありきなので、Phase2をいかに突破するかが鍵となってきそうですね。

少なくとも、具体的な日付は並記してほしいものですね。

おわりに

Alphacatは、2018年1月27日のDevConに参加して、そちらでテクノロジーディレクターのYanがプロジェクトについて話をしたようです。

ですが、ウェブサイト全体からはどういったプロダクトが作成されるのかは少し伝わってこず、中国のトークンにありがちな開発状況が読み取りづらいという状況に陥っているように感じられます。

Alphacatのトークン自体は面白いと思うので、今後のニュースを注意深く見ていく必要があります。テクノロジー関連でのニュースを吟味していきましょう。

Alphacat(ACAT)を買ってみたい方はまずはKuCoinへ登録してみましょう。

仮想通貨取引所KuCoinへ新規登録してみよう


Alphacat(ACAT)価格:coinmarketcapより

公式サイト:https://www.alphacat.io/
Twitter:https://twitter.com/ACAT_Official