これからの成長分野IoTをターゲットにしたIoT Chain(ITC)の特徴!

シェアする

IoT Chain(ITC)について

IoT Chainとは、韓国発のハイセキュリティなIoT OSです。

まず最初に、IoTについて説明しておきます。

IoTとは?

IoT とは、センサーやデバイスといった「モノ」がインターネットを通じてクラウドやサーバーに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組みです。

モノがインターネットにつながることですね。

最近だと、体重計で計ったデータがインターネットを介してスマホでみれたり、自宅にいるペットに外出先からスマホでエサをあげたりすることができるものがあります。

これまでもマイコンといって家電にはコンピュータが入っていました。例えば電子レンジの時計とかあたため時間とかがそうですね。

大きな違いは、 インターネットにつながっているか どうか。

インターネットにつながることで、スマホから操作ができたり、データをPCで見ることができるようになったんですね。

IoT Chainは、このIoTのテクノロジを使った世界をターゲットにしています。

IoT Chainのメインとなるビジョン

まずはビジョンをみていきましょう。

IoTネットワークで侵入不可能なセキュリティを実装する

ただしい所有者に対してデータを制御する

比類のない安定性とデータ転送速度を提供する

ユーザーデータによってAIの開発を促進する

様々なプラットフォームでIoTは利用されています。

画像にもあるように、船、スマホ、家電、車、工場、、、とたくさんありますね。

IoTの技術は発展して便利になったけれど、セキュリティの面はまだまだ追いついていないのが実状です。

それを、IoT Chainは解決するというビジョンなわけですね。

IoT Chainの特徴って?

つぎに、IoT Chainの特徴です。

IoTチェーン(ITC)は、ブロックチェーンの概念を使用し、PBFT、DAG、SPV、CPSテクノロジをつかうことで、ライトなOSを開発します。

それによって、分散型の方法でデータを階層化して格納することができ、ネットワーク内の何百万というIoTノードの結合強度を保護することができます。

この技術は、分権化されたエネルギー効率の良い環境でInternet of Things(IoT)デバイスを共有します。

一方で、この燃料を提供することで報奨を受けたユーザーとともに、AIの開発のための燃料になる貴重なユーザーデータを生成します。

このネットワークのもとでは、家、企業、または都市のIoTデバイスの相互接続は、転送輻輳、悪意のある攻撃やプライバシーの心配することなく、本当の進化をすることができます。

ITCの導入と収益化は単なる概念ではなく、近い将来非常に実用的なアプリケーションを備えています。

簡単にまとめるとこんな感じです。

  • ブロックチェーンを使って簡単なIoT用のOSをつくるよ
  • そしてデータを適切に管理するよ
  • そうするとセキュリティの心配がなくなってさらにIoTは便利になるよ
  • 具体的なプランもあるよ

セキュリティ面はブロックチェーンの技術でなんとかするから、開発者も利用者も安心してIoTのメリットを享受してね、というスタンスですね。

4つのメインソリューション

ITCには4つのソリューションがあります。

以下の4つになります。

エネルギーソリューション

効率的な転送を提供し、エネルギー消費を減らす

サーバーソリューション

集中化された分散化でサーバコストを減らす。

プライバシー・ソリューション

侵入不可能な保護を作成し、個人情報を保護する

ビジネスソリューション

貴重なユーザーデータを収益化する

IoTにかかわるコストを減らし、セキュリティを強化する。

そして、ユーザーデータの収益化、という戦略になっています。

ITCが提供するENERGY SOLUTIONS

例として、ENERGY SOLUTIONSについて見てみましょう。

エネルギーソリューション:効率的な転送を提供する

問題:伝統的な転送の方法はデータ量が多くてもったいない

ソリューション:ITCは、最小限のリソースで迅速かつ効率的な転送を実現します

ITCでは効率的な転送方法をつかうことで、コストをかけないでIoTを運用することを提案しています。

OS Liteと記述されているITCオペレーティングシステム(OS)は、大量消費の世界でエネルギー効率を念頭に開発されています。

「複雑な計算や高度に暗号化されたデータが必要である」というコンセプトを使用するのではなく、チームは単純なアプローチを取るだけで良いのです。

ITCオペレーティングシステムは、ITCチップに埋め込まれた簡単な電球のような日常的なオブジェクトで動作するように設計されています。

ITCは、その性質上、オペレーティングシステムと互換性のある大規模なIoTデバイスがあることを考えると、これまで以上に高速で高速なノードネットワークを構築しています。

それ以上無駄なスーパーコンピュータを稼動する必要はありません。

ライトをオンにするだけです。

たくさん記述がありますが、ブロックチェーンを使っているけど複雑な仕組みは気にしなくていいよと言っています。

単純に仕組みを使うだけなら簡単だよ、ということですね。

ロードマップ

ロードマップです。

いくつかのテストフェーズを経て、2018年の年末ころからサービス開始するようです。

IoTの市場規模はこれから拡大していく一方だと思うので、期待が持てますね。

総務省によると、日本でも2020年で10%、アメリカだと20%の市場拡大予測が発表されています。

今後の動きに注目ですね。

IoT Chain(ITC)を買ってみたい方はまずはKuCoinへ登録してみましょう。

仮想通貨取引所KuCoinへ新規登録してみよう


IoT Chain(ITC)価格:coinmarketcapより

公式サイト:https://iotchain.io/

Telegram:https://t.me/IoTChain

Twitter:https://twitter.com/IoT_Chain

シェアする

フォローする