Centraカードで支払いも!仮想通貨と世界をつなぐ-Centra CTR Tokenとは?

シェアする

仮想通貨と世界をつなぐ -CTR Tokenとは?

Centra Tech社は、国際送金や国際支払いにかかる手間や手数料の問題を仮想通貨で解決し、仮想通貨と現実世界をつなぐブロックチェーン技術を基礎とした製品ラインナップを提供しています。

そんな製品に使えるCTR Tokenについてご紹介します。

今後発表予定のものも含めて主なラインナップを見ていきましょう。

Centra Walletとは?

複合資産のブロックチェーンウォレットです

このウォレットは、安全で、保険付き。

さらにデジタル資産の売買ができ、後述するCentraCardと紐付けすることができます。

セントラウォレットはP2P取引のマーケットプレイスを開設できます。

そうすることでEコマースのプロセスを速め、さらに通常、オンラインで購入する際にかかる費用を大幅に削減することができます。

Centra Walletは中間業者やカードサービス業者にかかる手数料や銀行間の両替レートを効率的に無料化してくれます。

利用者にはかなりメリットの多いウォレットのようですね。

次の製品を見てみましょう。

とても便利なCentra Cardについて

このプリペイドカードは、主要な仮想通貨を使い勝手のいい物理的もしくはバーチャルな一枚のカードにまとめることができます。

主要な仮想通貨の例をあげると、 ビットコイン、イーサリアム、Centra Token(CTR)、Dash、Litecoin、Zcash、Monero などで将来的な資産もプラスされます。

Centra Cardは世界3600万か所以上の場所で買い物ができたり、安全に持ち歩き、外出先でお金を下ろせるようになる予定です。

マスターカードが使えるところで、利用できるようです。

ブルー、ブラック、ゴールドの3つの種類があり、

CTR Tokenの所有額によって利用できる種類が異なります。

どのカードにも共通な特典は下記の通りです。

・24時間世界のどこにいてもコンシェルジュサービスを受けることができる

・モバイルアプリケーションが利用可能

・セキュリティ設定

主要な仮想通貨が一枚のカードで使えるようになったら、とても便利ですよね。

次はネットワークのご紹介です。

Centra Networkというプラットフォーム

集中管理型と分散管理型を併用した取引プラットフォームです。

Centra Networkの集中管理分野においては、利用者が資産をビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に対して取引をすることができます。

一方で分散管理型の場合は、全てのERCの通貨をイーサリアムに取引することができます。

Centra Networkは将来的に集中管理型と分散管理型のどちらにおいてもCentra Tokenをペアトレードに入れていく予定です。

Centra Marketで安心して買い物もできる

Centra Marketは、これから展開予定の日用品をCentra Tech社がサポートしている8つの仮想通貨を利用して売買できる世界で最初のマーケットプレイスです。

利用者はCentraウォレットやCentraカード、外部のウォレットを使って購入品の精算や支払いをすることができます。

Centra Marketは仮想通貨での購入に危険を感じるお客様がいることを考慮して、商品に保証をつけております。

返品可能リストに記載のある商品については14日の返品条件を提供しております。

仮想通貨で好きなものを安心して買い物ができるって、利用者からしたらうれしいサービスですね。

CTR Tokenの特徴 まとめ

・Centra ウォレットとセントラカードを利用する際にお使いになれます。

・ICOに参加していない方は、Centra ウォレットにアクセスする必要があります。

・Centraカードに換金可能です。(ブラック、ゴールド、ブルーの三種類)

・Centraマーケット及び、Centra ネットワークの使用料に将来的に使える予定です。

・CTRで支払いの際には、Centraマーケットとネットワーク使用料が半額になります。

・利用者がカードとトークンの両方持っている場合、エコシステム内にあるコインの割合に応じてネットワーク報酬の0.8%をCentraカードから受け取りできます。

・取引可能な資産です。利用者がトークン/コインを所有していて全てに関して権利を持っている場合。

CentraトークンがCentra社が提供するサービスの要ということがうかがえますね。

最後にロードマップを確認してみましょう。

Centraトークンの今後のロードマップ

2018年Q1にたくさんの動きがあるようです。

2018Q1

・Centraカードの発行、Centraチェーンの展開

・銀行口座で全てのサポートされた資産を即時購入

・Centraトークンネットワークの報酬支払い

・CTRトークンがCentraカード上で使用可能に

2018Q2 Centra マーチャントサービス開始

2019Q1 銀行業務ライセンスを要求

2019Q2 APIディベロッパーサービス

2019Q4 Centraカードが銀行業務と提携

2018年1Q中には、CentraカードでCTRトークンが利用できるようになるようです。

来年末までには銀行業務も開始予定とのことで、今後どのように展開していくのか見逃せませんね。

Centra Token(CTR)を買ってみたい方はまずはKuCoinへ登録してみましょう。

仮想通貨取引所KuCoinへ新規登録してみよう


Centra Token(CTR)価格:coinmarketcapより

公式サイト:https://centra.tech/
Twitter:https://twitter.com/Centra_Card
Medium:https://medium.com/@Centra