クリエイターのためのZEEPIN(ZPT)一体どんな通貨と仕組みなの?

シェアする

ZEEPIN CHAINとは?

ZEEPINって何でしょう?

1/30 23:00よりKuCoinへ登場しています。

ZEEPIN。

呼び方は”ズィーピン”みたいです。

ZEEPINとは、分散クリエイティブニューエコノミー。

創造的な仕事。つまりクリエイターの経済活動や仕事を支援するものになります。

クリエイターのための仕組みのようですね。

エコノミーなので、クリエイターが仕事をしやすくする経済環境を作ろう!という感じです。

スマートな仕事、クリエイティブな生活!

ZEEPINが結成された背景とは?

世界中でクリエイター産業は急速に発展しています。
ただ、成長率は依然として業界アナリストの期待を下回っています。
その理由は、リーディング企業がゆっくりと発展し、著作権、領域、才能、資金調達などの問題によって、中小企業、組織、革新的個人の発展が制限されているからです。

クリエイティブで創造的な仕事はここ数年でますます増えてきていますね。

ただ、確かに著作権や資金調達なんかは大きな問題ですね。

特に個人レベルでは、クリエイターだけで生活できている人はそう多くはないでしょう。

そういった意味でのハードルも高い気がします。

インフラの仕組みは?

Zeepinは、公平かつ効率的で創造的なエコシステムを構築したいと考えています。
これはブロックチェーン分野の公共の施設で、誰でも使用できるさまざまな種類のツール(dApp)があります。
dAppは、著作権、遠隔での協力、人材募集、プロジェクトファイナンスの保護に関連する問題を解決することができます。
たとえば、Zeepinコミュニティの最も基本的なdAppはZeeRightsといいます。
ZeeRightsは、著作権保護の面でのサポートや、デジタル資産での取引を確実にしたり、産業界の問題を解決したりします。

dAppというツールを使うと、クリエイターは助かるといっていますね。

ZeeRightsというものを使うと、著作権保護、データの販売といった面で余計なことを考えないで良いということです。

クリエイターなら創造に没頭したいところ。

それ以外の雑多なことをサポートしてくれるZEEPINは手助けとして役に立ちそうですね。

なぜZEEPINなのか

大きくまとめると以下の4つがポイントです。

  • 著作権
  • 承認
  • 分散トランザクション
  • 投資

著作権の管理や、売上金の対応サポートは強力ですね。

また、処理速度やお金をコントロールするシステムも良い仕組みだと思います。

ZEEPINのdAppツール

ZEEPINには5つのツール(dApp)があります。

それぞれ以下の特徴があります。

  • 自分でコスパよく組織やチームづくりができる
  • 著作権のリスクをコントロールする
  • 高速でデータやアイデアを共有できる
  • 身元確認と2段階認証で安全な利用ができる
  • ZPTで投資支援を受けられる

便利な機能が多く、安全面や資金面のサポートもあるので、画期的なシステムではないでしょうか。

Zeepin Token(ZPT)について

Zeepinチームによって開発されたすべてのアプリケーションと資産は、Zeepinチェーンによって開始されます。
ZPTはZeepinプロジェクトで発生するサービス補償と、ビジネスアプリケーションをサポートするためのトークンとして使用され、ZPTを完全に流通させることを目指します。

ZPTは、プロジェクトや実際のツールの中で使われる通貨になるということですね。

そういった意味でも、市場が大きい分、かなりの可能性を秘めているとも言えますね。

まとめ

ZEEPINはクリエイターの仕事を、よりしやすくするための仕組みといって良いでしょう。

今後はAIやロボットの導入が進んで、ますますクリエイティブな仕事の割合が高くなっていくでしょうし、現在もかなりクリエイター人口は多いので、今後の成長が期待できるのではないでしょうか。

ZEEPIN (ZPT)を買ってみたい方はまずはKuCoinへ登録してみましょう。

仮想通貨取引所KuCoinへ新規登録してみよう

シェアする

フォローする