データが販売できる?!新規上場通貨Datum(DAT)って?

シェアする

KuCoinにDatum (DAT)が新規上場しています。

ICOは2018/1/17。

今回はDatumについて紹介していきます。

Datum(DAT)ってどんな通貨なの?

公式ページの説明から見ていきましょう。

Datumはブロックチェーン技術でサポートされた分散型の高性能NoSQLデータベースです。

この技術によって、誰でもソーシャルネットワーク、ウェアラブル、スマートホーム、その他のIoTデバイスから、データを安全で匿名でバックアップすることができます。

Datumは、ユーザーが自分自身でデータを共有・販売できるマーケットプレイスを提供します。

ちょっとわかりづらいので、かみくだいて説明しますね。

  • データベースがすごい技術で作られてるよ
  • バックアップも安全に取れるよ
  • ユーザーが自分でデータを売ることができるよ

なかでも3つ目のものがポイントです。

データを自分で売るってどういうことでしょうか。

そのまえに特徴を見ていきましょう。

Datumの3つの特徴って?

Datumには3つの特徴があります。

分散型データベース

セキュリティが強固で匿名性のあるストレージでデータを保護します。

ストレージノード

ストレージノードをマイニングするマイナーは、データへのアクセスを遅延なくすることで、報酬を支払われます。

マーケットプレイス

ユーザーは、選択したデータを共有することも、信頼できる法人にデータを販売することもできます

Datumの説明と似ていますが、やはりデータ販売が目立ちますね。

では、具体的にどういうケースで使われるのか見ていきましょう。

ユースケース 〜どういうケースで使われるの?〜

いくつかユースケースも紹介されています。

まずはひとつめです。

Datumアプリは利用ユーザが健康データを匿名化して取り出すのに役に立ちます。
保険会社、医薬品会社、学術研究者は、研究目的の健康データを頻繁に購入しています。

利用者のヘルスデータを販売することができるよ、ということですね。

私たちのデータってスマホには入っていても、自分で使うくらいしか用途がありませんもんね。

医療関係の企業や学者にとってはとても価値があるものなので、販売することでおたがいがハッピーになれるってことですね。理にかなってます。

次の例です。

大手電気通信会社Tは2017年に1M世帯以上にスマートホームキットを販売しましたが、スマートホームはコアビジネスではありません。
現在、彼らはすべての家庭のスマートホームゲートウェイからの大量のデータを持っていますが、このデータに眠っている価値を見つけることができません。
Datumマーケットプレイスにデータセットをアップロードすることで、彼らはデータへの関心を測定し、このデータを購入したいという顧客を見つけることができるのです。

これは企業の例です。

ビジネスによって蓄積されたビッグデータが活用されていないけれど、Datumを通じて欲しい人にデータを販売することができるよ、ということですね。

なかなかそいうったデータをパブリックにマッチングするサービスって無いと思いますので、結構画期的なサービスだと思います。

データを持て余している人や企業、またそれを必要としている人や企業、探してみると無数に出てくるかもしれません。

公式ページにはオライリーさんのコメントも載っています。

「我々は新しい世界に突入している。ソフトウェアよりデータがより重要な世界に」

ITメディアで有名な方で、Developer向けの以下のような本を多く出しています。

その業界では有名すぎますね。

Datumって面白いサービスですよね。

データで人と人をつなげる。欲しいデータを欲しい人に。

提供した人は対価を得ることができる。

新しいライフスタイルの提案なのかもしれません。

Datum (DAT)を買ってみたい方はまずはKuCoinへ登録してみましょう。

仮想通貨取引所KuCoinへ新規登録してみよう

シェアする

フォローする