KuCoinへのEthereumでの送金方法(ETH)【Coincheckから送金】

シェアする

KuCoinにEthereumを送金してみよう

KuCoinへのEthereum送金方法を説明します。

一度やってみると、それ以降は簡単に送金できます。

他の通貨でも基本的にはやりかたは同じです。

KuCoinにまだ登録してないよ、という方は以下ページで画像付きで説明しています。

5分もあれば登録できるので、先に登録してしまいましょう。

仮想通貨取引所KuCoinへ新規登録してみよう

KuCoinへの登録が完了したところで、さっそく仮想通貨を送金して取引してみましょう。

まずはEthereumを送金する方法を説明します。

送金側の取引所の操作は、取引所によってことなりますが、ここでは例としてCoincheckから送金する方法を記載していきます。

KuCoinでEthereum入金アドレスを確認する

まずはKuCoinで入金アドレスを確認していきます。

ログインしたあと、「資産」のメニューを選択します。

資産のリストが表示されます。

左側のメニューから「入金」を選択します。概略メニューからでも確認できるのですが、今回は入金メニューから確認しましょう。

「入金」を選択すると、以下のような画面が表示されます。

最初は仮想通貨の「Kucoin Shares(KCS)」がデフォルトで表示されていると思いますので、KCSを選択して、通貨リストを表示させます。

全通貨が表示されるので、「ETH」を選択します。

「Ethereum」が表示されたことを確認します。

ここで、通貨を間違えていると正しく送金されませんのでしっかり確認しましょう。

Coincheckで送金する

次に、Coincheckで送金を行います。

Coincheckの取引所開設がまだの方は、以下からコインチェックのアカウントを作成しましょう。

コインチェックアカウント新規登録

Coincheckにログインしたら、「ウォレット」を選択します。

次の画面で、左側のメニューから「コインを送る」を選択します。

対象通貨で「Ethereumを送る」を選択します。

まずは送金先リストを登録します。

アドレス帳みたいなものです。

「送金先リストの編集」を選択します。

すると以下のような項目が表示されるので、赤色の枠内にKuCoinで確認した情報を記載します。

ラベルはなんでも良いです。わかりやすいように「KuCoin」としておきましょう。

宛先はKuCoinで確認した宛先です。英数字の羅列です。

サンプルですが、以下のように設定して、「追加」を選択します。

次に、宛先、金額を入力します。

宛先はさきほど追加した情報をリストから選択できます。

金額日本円換算で計算したいときは間違えないように気をつけてください。

最後に最終確認です。

間違えると仮想通貨が消失する場合があります。

以下のポイントでチェックしましょう。

  • 宛先の英数字はKuCoinで確認したものと同一か
  • 通貨(今回はEthereum)は、KuCoinとCoincheckで同一か
  • 金額は問題ないか

問題なければ「送金する」を選択しましょう!

これで送金完了です。

数十分〜数時間でKuCoinに着金されます。

これは通貨やその時の混み具合にもよります。

KuCoinへ入金できると、以下のようなメールが届きます。

Gmailだと迷惑メールボックスに入ってしまう場合もあります。

KuCoinの画面でもEthereumが増えていることを確認しましょう。

入金した額が増えていればOKです。

他の仮想通貨で入金したい場合も基本的な流れは同じです。

また、入金する場合は最初はねんのために少額で行うのが良いでしょう。

手数料がかかってしまいますが、消失するリスクを考えると安いと思います。

シェアする

フォローする