人材雇用に革命を起こす!ChronoBank.ioとは?

シェアする

ChronoBank.ioって何?

ChronoBank.ioは野望に満ち溢れた、多岐にわたるブロックチェーン計画です。

Uberがタクシー業界に破壊的な動きをもらたしたり、Upworkがフリーランス業界に進化をもたらしたのと同じように、この計画は、人事、人材雇用、金融業界の進化を目指しています。

どんな風に革新的なプランなのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

Chronobank.ioの目指すもの

ChronoBank.ioでは、現状にチャレンジし、伝統的な金融システムに新たな選択肢をもたらそうとしています。

この選択肢は、時給の新しい形で、ブロックチェーン技術において最先端の開発技術を利用しています。

分散台帳技術(DLT)への関心は高まっていますが、主要な市場が採用するのに見合うブロックチェーンアプリケーションは現在あまりないのが現状です。

ChronoBank.ioは、プロのコンソーシアムが100年以上の採用経験を組み合わせ、ブロックチェーン技術を利用したソフトウェア開発ができる専門家とともに現実世界のビジネス業界における問題を解決するためにデザインされました。

特に、主要な職業における短期間の雇用について改革を起こしたいのです。

主な、ターゲットの職業は、清掃業、倉庫業、建築業、工業、イーコマース業界となっています。

このシステムのキーとなるのが、National Labour-Hour(LH)tokensというわけです。

National Labour-Hour (LH)tokensとは?

ホスト国の平均時給にリンクしており、大量採用や人材雇用会社からの実際の労働者によって支えられています。

労働者は誰もが利用できるほど十分豊富でありながら、貴重なぐらい不足するという状況が、実際の経済でもっとも取引しやすい資源になります。

LH tokensは、この労働力をトークン化します。実際の労働者によって支えられているので、ビットコインや他の仮想通貨と比較すると絶対的にインフレの影響を受けず、ほとんどボラティリティがないのです。

この解決方法は、仮想通貨市場に現在ある法定固定通貨や、裏づけされたコインよりもはるかに持続的です。

労働力をトークン化するとは、斬新なアイディアですね。トークンの価値が安定しているのは、利用者にとってうれしい話ですね。

トークンのほかの特徴が下記の通りとなっています。

金融システムのもう一つの選択肢

個人の時給・ブロックチェーンベースの型として、銀行は取り除かれ、取引が人と会社間で直接取引ができるようになります。

複数のブロックチェーンが利用可能

LHトークンとChronobank.ioのアプリはイーサリアム、ウェーブス、やネムのブロックチェーン上に作られます。

インフレから守る

LHトークンは、国の平均時給とリンクし、重要で安定的な成長を促し、ボラティリティはかなり低くなります。

オーストラリアドル/USドル/ユーロ/ポンドとの取引

LHトークンは法定通貨に対して安定した価格になっています。そのため、利用者は、AUD/USD/EUR/GBP基準の価値を維持したまま取引することができます。

安定したトークン

ChronoBank.ioは、Labour-Hourトークンを安定した価値で発行し、利用者を仮想通貨のマイナス要素であるボラティリティから守ります。

使いやすい

利用者を考慮したデザインで、UI/UXベストプラクティスを採用しています。ワンクリックで法定通貨や仮想通貨の売買や取引が可能です。

透明性

分散台帳を利用し、また複数のセキュリティレベルを設定しているため、Labour-Hourライフサイクルの全ての段階において、透明性と公開性が保障されています。

LH Debit Card

LHトークンは、超流動性があり、LHデビットカードを使って24時間いつでもアクセス可能です。

使いやすく、安定しているというのは安心できますね。

Chrono Mint・ChronoBankのインターフェース

ChronoMintは、ChronoBank.ioスマートコントラクトマネジメントシステムのインターフェースです。

下記のような使い方が可能です。

○イーサリアムや、どのERC20トークン(TIMEやLHに限らず)を管理します。その中には、ハードウェアキー保管を利用する際の安全なマルチシグネチャサポートも含まれます。

○BTCやLTCなど他の人気の仮想通貨を管理できます。

○オリジナルのERC20トークンを作ることが可能です。ペアトレード(まもなく開始)でオリジナルコインとイーサリアムを取引することが可能になります。

○0xプロトコルのほかに分散型仮想通貨市場(まもなく開始)を公開

○投票機能:TIMEトークンの所有者は会社の重要な決定について投票が可能になります。

○LHトークンのマイニング(長期の所有者はTIMEトークンをLHトークンをマイニングするためにLaborXサイドチェーンに出資することができます。)

オリジナルの仮想通貨を作ったり、投票機能があったりとユニークな特徴がありますね。

Labor X 分散型市場

Labor XはChronoBankの働き手と依頼者のための主力プラットフォームです。

雇用者が仕事をリストに載せ、フリーランスが世界のどこでもいつでも仕事を探すことができます。

このプラットフォームは、いかなる閉鎖や暴動などが起こらず機能します。仕事は夜間や週末でさえ保障されています。

Labor Xの評価システムは、雇用プロセスにおいてどの仕事においても公平に進めるようにします。

全ての新人が公平な評価を受けるため、契約相手からの評価も変わる可能性があります。純粋にポジティブな評価は、働き手がさらに収入のいい仕事にアクセスでき、ネガティブな評価はランクを下げ、収入の低い仕事につながります。

働き手にとって完了した仕事に対する支払いの遅れは過去のものになります。なぜなら支払い時期は、着手時期にスマートコントラクト内で登録されるからです。スマートコントラクトでは、毎秒ごとまで処理が可能となっています。伝統的な人件費とLabor Xの人件費の差額で、労働条件を改善したり、ボーナスを支払うことも可能です。

雇用主にとってさらに素晴らしい特徴は、仕事に対する全支払いのわずか1%というコミッション手数料が低いことです。

働き手にとっても、雇用主にとってもメリットがいっぱいのシステムのようですね。

最後にロードマップを確認しましょう。

2018Q1

トークンの流動性で完成度を測定

Labor X:イーサリアムのサイドチェーンを立ち上げ

2018Q2

LaborX:ベータを公開

Ku Koin 取引所にTIMEを掲載

人材ビジネス業界とLabor Xのトライアル版でパートナーシップを構築

Chronobankとそのミッションを世界的に周知

2018Q3

Labor X:製品バージョンを公開

ChronoMint:取引ベータを公開

仮想世界に会議を調整ブロックチェーンと必要なスペースでインフルエンサーと接続

2018Q4

法定デビットカードの統合

ブロックチェーンコミュニティ内とそれを超えてのLabor Xのメインストリームの採用

今年だけでもかなりの動きがあるようです。今後の展開が見逃せませんね。

Chronobank(TIME)を買ってみたい方はまずはKuCoinへ登録してみましょう。


Chronobank(TIME)価格:coinmarketcapより

公式サイト:https://chronobank.io/

Twitter: https://twitter.com/ChronobankNews

Telegram: https://telegram.me/chronobank